FC2ブログ

if

大島の夕日
「もし たとえば・・・」なんて
過ぎた夢を辿るより
「明日どこへ行こう」と
雑誌をめくるほうが僕ららしい
未来(さき)のことまでは判らないけれど
こうして君がいるだけで
一人より楽しい瞬間の僕がいる

今じゃロマンティックな言葉も
気合を入れなきゃ上滑り
長いこと君を見つめてきたつもりだけど
まだ見つめ足りない気がする

「ついてこい」とか
「幸せにしてやる」とか言えるほど
自分に自信は無いけど
「もしたとえば・・」
君と一緒になれたら
二人でなら上手くいく
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

私には「二人で何をしよう」と言い合える
人が居ないから
何だかこの詩は羨ましくて
真っ直ぐには読めない気がしました。
ごめんなさい。
私の場合はやっぱり「もし たとえば・・・・」でしか
過去を振り返れないし、未来は語れません。

godmina様へ

こんばんは。
コメントありがとうございます。
これは結婚後、間もなく書いたものです。
まだ「これから」が明るくて開けたものであると
信じていた頃。
godmina様にもそんな時期が合ったのではないでしょうか。
人生の中にはいつも「if」が付きまとっている気がします。
「最良の片羽」を失ってしまった悲しみは
想像以上に辛いものだったことと思います。
お気持ちが分かるとは申しません。
でも一緒に過ごした日々が今を生きる糧となっているであろうことは
想像するに難くないことだと思っています。

No title

現実主義な人なんだなと思います。
たとえ話はあまりしないのではないでしょうか。
ガンガンと攻めの人ではなく少し自信なさげに見えるけど
でも・・・
「君と一緒になれたら 二人でなら上手くいく」
そんな風に確信して感じてるところに「君」は惹かれたのではないでしょうか。
曖昧な気持ちのように感じるけど、一番現実的な想いじゃないのかなって私は思います。

「君」へのひたむきな想いのパワーをひしひしと感じる作品だと思います。

碧様へ

こんばんは。
コメントありがとうございます。
>現実主義な人なんだと思います。
実は書いてる本人はそんなこと全然思っていなくて
言われてそうなのかなぁと考えてしまいました^^;
自分で気付いていないだけなのかも知れませんね。
自信のある人なら「幸せにしてやる」とか「大事にするから」とか
もっと具体的な言葉を使うのでしょうけれど。
僕は男らしくないのでしょうね。